Rigmor of Cyrodiil

17 SKYRIM【Rigor of Cyrodiil】スカイリム【RPG】クエストMOD日本語

SKYRIM クエストMOD Rigmorシリーズ Cyrodiil編
【Rigor of Cyrodiil】 第17話

*使用MOD紹介*
【 Mod Organizer 】

未だver1を使用。
少し前までhostをいじる方法で自動ダウンロードできていたのに、いつしかそれもまたはじかれるようになってしまっている。

5/13から、APIの仕様が変わった。
ダウンロードはマニュアルでのみの1はまったく蚊帳の外。
さすがにもう対応はないよね?後継のMO2もあることだし。

全く新しい管理ソフト、名前、、、Vで始まるなんとか。がリリースされている、知らなかった。(名前忘れました。今後もMOユーザーなのでそっとしておきます)

このクエストが終わった段階でMO2に移行を試みる予定。
以前、MO1—> MO2への移行方法をさらっと調べたことがあった。
bamとism周りで問題がなさそうなら大丈夫らしい。
「ひょっとしたら1でも。」とかすかな望みを持っているのでしばらくは様子見。

Youtubeチャンネルの登録者になってください。
チャンネル登録が投稿する大きな原動力になっています。
よろしくお願いいたします!
Thank you.By all means, thank you Subscribe

Youtubeデューランチャンネルトップページ
https://goo.gl/PSp6N7
—:—:—:—:—:—:—:—:—:—:—:—:—:—:—:—:
プロローグ;
山賊王セティウスはその強大な武力をもって帝国都市に進軍。
力なきCyrodiilの貴族たちは忠誠を誓うことを余儀なくされる。

Cyrodiilの1地方であるブルーマは、セティウスをCyrodiilの正当な王として認めている限り、自由都市のままであるという和解がなされた。

そしてセティウスは正式にタイタスミードIII世というTamriel皇帝としての承認を要求する。
その称号を得るにはCyrodiil全地域の城主の署名が必要であリ、残すところブルーマ(城主リーグモル)のみとなっていた。

戴冠式へ召喚されたリーグモル。
ブルーマ家の側近たちは、彼女の秘密をセティウスに知られるという最悪の事態を恐れ、信頼できる唯一の者、かつての守護者に同行を託した。

スカイリムを共に旅をしたあの冒険から4年の月日が経っていた、、、、。

『Rigor of Bruma』続編。
その前作と同じメンツで引き続き開始。
—:—:—:—:—:—:—:—:—:—:—:—:—:—:—:—:

【Rigmor of Cyrodiil】再生リスト→
再生リストへ
twitter @gamestplan
https://twitter.com/gamestplan

コメントを残す